DIYで使う電動工具について

ホイールは一日一時間まで > DIY電動工具 > DIYで使う電動工具について

DIYで使う電動工具について

DIYを進化させたくて電動ドライバーを購入しようと思った時にぶち当たる壁が、ドリルドライバーとインパクトドライバーの違いです。

ドリルドライバーとインパクトドライバーどちらが使いやすいの?

インパクトドライバーとドリルドライバーですが、装着部が六角部ですと、それに合うビットしか使えませんし、インパクトドライバーですと打撃があります。

例えば手動のスパナでボルトを締め付ける場合ですと、ただ手で力を入れて回すのがドリルドライバーで、スパナをハンマーで叩きながら締め上げていくのがインパクトドライバーです。

通常、ビスを打つ時は、それに見合った下穴を開けるのが正しい手順ですが、プロの職人は数をこなさなければならないので、ほとんどの場合で下穴なしで、力技ででねじ込んでいくので、インパクトドライバーを使います。

素人がDIYで作業するくらいは、よほどの堅木を相手にするのでない限り、インパクトドライバーは不要かと思います。

トルクさえ満たせれば、ドライバードリルの方が扱いやすいと思います。

インパクトドライバーは打撃の動きもあるので、うるさいのも近所迷惑になり使用を考えなくてはならなくなります。

消音タイプのインパクトドライバーも開発中とのことですが、たまにのDIY程度では、そこまで気にするくらいならドリルドライバーで十分かと思います。

私が実際に購入し、使い勝手のよかったのは、日立工機の14Vのドライバードリルです。

締め付けトルクもDIYでは申し分ないくらい強く、不自由に感じたことはありません。

 

さらに車のポリッシャー代わりに使用できるなど使い勝手が満載です。

FDS14DGL日立ドライバードリル14.4Vを使ってみて